ゲド戦記の試写会見てきたよ~!(ネタバレは反転式)

画像

ゲド戦記の試写会に行って来たよーっ!
ネタバレは反転式なので安心して見てね♡

まず始めに。私はジブリが大好きっ♡(゜∀゜*)ノヽ(*゜∀゜)ノスキッ♡
小学生のころ「尊敬する人」という題材の作文で「宮崎駿」と書いたほど 笑。
マニアの世界に片足突っ込んでます!ってぐらいの好きの度合いです(^^)v

ゲド戦記とは全6巻で綴られる、無数の島々と海からなるアースシーの世界で、並はずれた魔法の力をもつゲド(通り名はハイタカ)が繰り広げる波瀾万丈の生涯を軸に、アースシー世界の光と闇を描く壮大な物語ですっ。

この度映画化された「指輪物語」「ナルニア国物語」と合わせて、
世界三大ファンタジーの1つ
と言われてます。

映画は、第3巻を軸に、4・5巻を多少織り交ぜたオリジナルストーリー。

主人公のゲドは中年のおっさんになってしまっているので主人公ではなく、(じゃあゲド戦記じゃないじゃんっ!)アレンという、ある国の王子が主人公。

ゲド戦記は宮崎駿の長男、宮崎吾朗の初監督作品ですっ!

映画を観た感想としては・・・難しい。(´Д`;)ウ~ム・・・

全6巻ある物語を3巻から描くということは、
それだけ物語の世界観の説明が必要ということで。
前半ボーッと見てると、後半の内容がチンプンカンプンヽ(*゜∀゜)ノアレ~??
ポップコーンは映画が始まる前に食べ終わろう(*ゝω・)b集中だっ!

今までの主なジブリ作品(宮崎駿作品)と違う点。
・題名に「の」が無い。(ヒットするジンクスなのに良かったのか!?)
・主人公が男。(父は女にこだわってた)
・主人公に夢や希望が無く病んでる。(これはストーリー的にしょうがない)
・アニメーション技術。(まぁ初監督作品なのでね)

良かった点
・伝えたいメッセージが伝わった。(生きるということは~本当の敵は~)
・キャラの絵がTHEジブリ。(やっぱりジブリはあの絵じゃなきゃ)
・絵のキレイさ。(他のアニメとは比べ物にならない)
・音楽。(テルーの唄も良かったよ)

ゲド戦記を観る方へ、映画を楽しめるポイント(コレは覚えておこう!)
①昔、人と竜は同じ生き物だった。
②真の名を知ると魔法でその人を操ることができる。
  故に人々は常に通り名を使い、真の名を教えるのは心を許した人物のみ。
③主人公アレンは心に闇をかかえている。
④世界の均衡が崩れた要因は魔法使いクモ。
⑤クモはハイタカへの復讐を心に誓っていた。

この物語は、魔法の力で悪い敵を倒して世界を救うというようなファンタジー物語にありきたりのテーマでは無いです。
もちろんそういう部分もあるんだけど。

世界の均衡が崩れている背景、人々の心の闇、少年の葛藤・・・

生きるということ、本当の敵とは・・・

現在の社会情勢が抱える様々な問題が重なって見えるのです。

作品全体のクオリティーは父が遥か上。
ジブリの名を背負っているので批判も多いかもしれない。
でも私はもう1度観たいと思いました(^^)

観終わった後に、原作を読みたくなるような映画です。

原作自体が派手なファンタジーでは無く、どちらかと言えば哲学的。
考えさせられる奥深い物語なので、小学生は難しいだろうな(^^;)

ゲド戦記 全6冊セット


↓ここから先はネタバレ↓OKな方は反転(ドラッグ)させて読んでね♪

主人公が父親を刺すという衝撃的な展開から始まるストーリー。
親の敷いたレールの上しか歩けない、親を超えられない、自分を持てない、自暴自棄。
親さえいなければ自由になれる・・・とアレンは刺してしまうわけなんだけど、
そのへんの心情の説明がもっと欲しかった。

世界の均衡が乱れている、その要因がクモ。
ここも説明不足なので、目先の事件だけを解決したように見えてしまう。
解決された後の世界の様子が描かれていなかったので余計に。
どうして要因がクモなのかハッキリ示せていなかった。

クモとの戦いでゲドは魔法の力を全て失ってしまう。
でもゲド自身がそんなに激しく戦った感じがしなかったので、なぜあんなに弱ってしまったのか疑問に感じる。

ラスト、テルーが竜へと変わる。ここが1番分かりにくい。
原作ではテルーが竜の言葉を話せたり、竜から俺の子供だと告げられたりするんだけど、映画ではゲドが「まさかな・・・」の一言しかそれらしいことを言っていない。
人と竜は元々一つ、テルーと竜との関わりの説明が全く無かった・・・。

要するに、全体的に説明不足。

難しい話なので、説明が無いと多分ほとんどの人が分からない。
ほかのアニメなんかよりはよっぽど良いけど、ジブリ作品の中では下のほうになってしまうかも。

原作を読んでいない人に脚本を読んでもらって、もっと練ったほうがよかったのでは。
宮崎駿氏ならどう描いていただろう・・・と考えてしまう。

まぁ1作目だし、今回は難しい題材だったので次回に期待。
最近大作が多いので、トトロや魔女宅みたいな可愛い話を作ったらどうかな??

個人的には絵がジブリで嬉しかったナ♪変わるのはヤダッ!!
アレン、かっこよかったしねぇ~(〃∇〃)

批判も結構書きましたが、それは更に上を目指して欲しいための意見であって、私がジブリ好きなことに変わりは無い!(キッパリ)
ゲド戦記も公開後にまた観に行くかも★

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年07月20日 16:40
見てーーー!!
ゲド戦記!!うらやましいー!!
もう、もののけって感じで(またまた意味不明 笑)!!
俺もジブリ大好きです!!
1番好きなのは風ナウ(風の谷のナウシカを無理やり略す)かな!!
う~ん・・・俺はネタバレ見ないでおこう(笑)!!
たしか、ジブリバトンっていうのがどっかにありましたよ!俺貰おうか迷ったんですけど・・・
やめちゃった(笑)!!
2006年07月20日 17:16
>はまちゃんへ

そうなんだぁ~♪一足お先に観ちゃった★
もう、バルス!って感じ。
(マニアック 笑!)
はまちゃんもジブリ好きなんだね!仲間♪
私が1番好きなのは・・・やっぱりラピュタ!
話はもちろん、キャラが好き♪
飛行石が、ほっ、欲すぃ~っっ!!
ネタバレは映画観た後にでも見てみて♪
ジブリバトンがあるのか・・・。
奪ってこようか・・・笑
私のマニアックな答えに皆がついてこれるかが心配だ!笑

e-アフィリ
2006年07月20日 18:10
◆◇◆◇◆◇ アフィリエイトで副収入 .。☆゜:゜:。*。
◇◆◇◆◇
◆◇◆◇  月90万円稼いでいるお客様もいらっしゃいます  
◇◆◇
◆◇     月数万円稼げればいいという方も大歓迎 ☆★ 

    少しでもご興味があれば是非、弊社のサイトをご覧下さい

        ⇒ e-アフィリ  http://e-af.net/?weog
2006年07月20日 22:22
やっぱり難しかったよね?
私が前半、寝てしまったからじゃないよね?
だいだいの意味はわかったんだけど、
所々に???ってとこが・・・。
最後のテルーの変身が、いちばん謎でした。
それと、やっぱりお父さんとのキャリアの差は
感じたんだけど・・・。
でも、私もまた見ようかな。

2006年07月21日 08:47
>まこちんママへ

まこちんママに羨ましいと言っておきながら、私も試写会に当たっちゃった♪
う~ん、難しかったと思う。
物語自体が派手じゃなくて深い話だし。
前半寝ちゃうと余計に分かんない!笑
ネタバレで何となく分かりました??
父が偉大なだけに、いきなり並べるような作品を作るのは難しいでしょうね。今後に期待!
難しいけど悪いわけじゃないから、なぜかまた観ようかなと思わせるんですよね。私もまた観ようかな、と。
2006年07月22日 09:04
まろもジブリ大好き(●´艸`)
昨日はハウルがやってましたね~
ノーマークでした、金曜は要チェックしとかないとたまにジブリやってるから(笑)でも、ハウルはなんか惜しい感じ!もっとと面白くできた気がする・・・

いいなぁ~ゲド戦記見に行きたいなぁ☆
まろもラピュタが永遠の1位です、飛行石がマジでほしいです、好きな人と一緒にバルスって言ってみたい(*´д`*)モゥモゥそして2位は強くてかっこいいナウシカです、王蟲が腐界がファンタジーで☆

噂じゃ、ゲド戦記って宮崎親子でケンカになって大変だったらしいね・・・
ネタバレ見ないで見に行ってこよう☆

パイレーツもみたいし、日本沈没もみたいし、お洋服もみたい、見たいのありすぎまろです( *´∀`*)ゞ
2006年07月22日 19:00
お友達にしてくれて、ありがとね~!
返信が遅くなってごめんなさい。
全然気が付かなくて・・・。
こんなまこちんママですが、
これからもよろしくです!
2006年07月23日 16:30
>まろさんへ

わぁ~(゜∀゜*)ノヽ(*゜∀゜)ノ
まろさんもジブリ仲間だわっ♪
私もラピュタが不動の1位っ!
パズーがシータを塔から救出するシーンが大好きなの♪パズー・・・!

2位は何だろう・・・。選べれないのが正直。
トトロか魔女宅かな。いつかネコバスに乗りたい・・・。ネコのふわふわで暖かいお腹がイスなんて・・・幸せすぎっ!

元々、父が作りたかったのに息子が取っちゃって、1年間ぐらい口を聞かなかったらしいね 笑。
でもそれも今は話題作りの1つかも 笑。
いつまで経っても子供ね、駿は♪(あんた誰?笑)

私もパイレーツ見たいっ!ってゆーか見る!
ジョニーデップかっこよすぎ!
ジャック船長の意味不明さが良い♪
2006年07月23日 16:32
>まこちんママへ

フレンド登録ありがとうございます♪
きっと気づいてないんだろうなぁ・・・と思いながら寂しく待ってました 笑。
あのメッセージ気づきにくいですよね!
こちらこそ宜しくお願いします(^^)
あなご
2006年07月24日 22:11
トラックバックありがとうございます。
ウチもジブリ大好きです。小学生の頃に「風の谷のナウシカ」を観て以来のファンです。(って、歳がばれちゃいますね・・・)
「ゲド戦記」は宮崎駿の作品とは雰囲気が違いますが、しっかり「ジブリ作品」の雰囲気は出していたと思います。ただ、原作を読んでいないので話についていけなかったのが残念でした。
今、原作を読み始めました。幼少のゲド、青年のゲドまで読んで映画をもう一度観に行こうと思っています。
2006年07月25日 09:08
>あなごさんへ

はじめまして!ジブリ好き仲間ですね♪
私もジブリ大好きなんですっ。
確かに宮崎駿作品とは雰囲気が違いますね。
ゲド戦記にかけて例えるなら、父が光で息子が影のような・・・。ゲド戦記の話の内容が内容なだけに、そう感じるのかも。
この作品の不思議なところは、皆何だかんだ言ってもう1度観ようと思ってるところですね。
深い話だから、2度目は1度目観た後と感じることが違うかも。
ameixa
2006年08月01日 23:39
こんばんは。ゲド戦記で検索、お邪魔しました。
書かれていること、とっても共感(特にネタバレの中身)。
私は実は千と千尋からジブリにハマったクチで、
そこからナウシカやラピュタを観たりしました。
千と千尋も、真の名前や竜が出てきてゲドに通じるところがあるなと思いました。

TBさせていただきました。
2006年08月02日 09:41
>ameixaさんへ

はじめまして(^^)
TBありがとうございました♪
記事、見に行きました。
ameixaさんが言ってることも、とても共感できます。
ジブリ作品には皆大きな期待を持っていて、だからこそ色んなところで評価をするのでしょうね。

この記事へのトラックバック

  • 『ゲド戦記』やられた。素直でエネルギッシュに描くということの...

    Excerpt: 『ゲド戦記』やられた。素直でエネルギッシュに描くということは、なんと説得力があるのだろうか。今の自称映画マニアは理屈っぽく醒めすぎているのではないかと思うことしばしば。見えぬものこそ、というコピーは深.. Weblog: よろ川長TOMのオススメ座CINEMA racked: 2006-07-20 16:22
  • 試写会『ゲド戦記』

    Excerpt: 7月29日から公開されるスタジオジブリの最新作『ゲド戦記』の試写会に行ってきました。 この映画は宮崎駿監督の息子である宮崎吾朗氏の初監督作品です。 Weblog: 翠の独り言 racked: 2006-07-21 01:23
  • 一応合格点!「ゲド戦記」不評に負けるな!

    Excerpt: 「ダビンチコード」並みの 不評が話題の? 宮崎吾朗第1回監督作品 「ゲド戦記」の 試写会に行ってきました。 まずは 第1回監督作品としては 合格ではないでしょうか? 父「ハウルの動く城」のレベルと.. Weblog: bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ racked: 2006-07-21 12:16
  • 「ゲド戦記」

    Excerpt:  2006年/日本  監督/宮崎 吾朗  人気ファンタジー小説「ゲド戦記」の映画化。監督は宮崎駿の息子の宮崎吾朗。  え~っとですね、ジブリ作品にしてはあまり広がりが感じられませんでした.. Weblog: It's a wonderful cinema racked: 2006-07-22 01:17
  • 感想/ゲド戦記(試写)

    Excerpt: きたよきたよジブリ! 駿の息子・宮崎吾朗が監督でナニかと超話題。周りの映画ライターは低評価出してたけど、どうなの『ゲド戦記』? 7月29日公開。 ゲド戦記 かつては同じ世界にいたヒトと竜。自由.. Weblog: APRIL FOOLS racked: 2006-07-22 11:07
  • 試写会「ゲド戦記」を観ました。

    Excerpt: 今日は「心臓検診結果説明会」に出席のため。 チビっ子さんを午後から母に預けたのでした。 Weblog: ★☆★Suppin Girl★☆★ racked: 2006-07-22 16:59
  • 『ゲド戦記』・試写会

    Excerpt: 今日は某雑誌で当選した 『ゲド戦記』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆》 本当 Weblog: しましまシネマライフ! racked: 2006-07-22 20:55
  • ゲド戦記

    Excerpt: アサヒ飲料で「ゲド戦記」の試写会が当たったので、9歳の長男と行って来ました。 画像がとても美しいので、絵画を習っている長男や、油絵を習い始めた私にも勉強になるのではないかな、と思ったからです。 .. Weblog: まぁず、なにやってんだか racked: 2006-07-25 14:28
  • ゲド戦記

    Excerpt: [ゲド戦記]は宮崎駿の長男・宮崎吾朗の初監督作品でもあり、キャラクターはジブリの流れを受け継いでいるものの、作品は宮崎吾郎が自分の持つ世界観を表現したもので、ジブリ作品と切り離して楽しむべき映画です。.. Weblog: 映画館で見たい映画 racked: 2006-07-27 16:36
  • 映画vol.71『ゲド戦記』※舞台挨拶付試写会

    Excerpt: 『ゲド戦記』(2006年公開)*試写会 監督:宮崎吾郎 声 :岡田准一 公式HP 『ゲド戦記』を試写会で観ました。 なんとなく.. Weblog: Cold in Summer racked: 2006-07-28 11:29
  • 『ゲド戦記』(2006)

    Excerpt: スタジオジブリファンの人は安心して良いでしょう。立派な後継者の誕生です。例えて言えば、山田康雄亡き後、栗田貫一が『ルパン三世』を引き継いでいるようなものです。 ついでに原作が、『指輪物語』や『ナルニ.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2006-07-29 15:47
  • ゲド戦記

    Excerpt: 深みに欠ける部分はあるけれど, 絵画的な背景で展開される人間ドラマが, ゆったりと心地よく,LOHASな気分に浸り, 響くメッセージは胸を打ち,二カ所で涙。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2006-07-29 18:02
  • ゲド戦記。

    Excerpt: 試写会に行ってきました。 Weblog: ゆきよんの部屋 racked: 2006-07-30 00:00
  • 『ゲド戦記』舞台挨拶@TOHOシネマズ六本木ヒルズ

    Excerpt: 舞台挨拶シリーズも定着してきたのかな?(ぉぃ今回は、邦画では一番の超大作『ゲド戦記』でございます。ジブリの舞台挨拶は、『猫の恩返し』以来2度目。あの時は、鈴木敏夫Pにサインもらったっけ(爆)にしても、.. Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2006-07-30 00:26
  • 『ゲド戦記』鑑賞!

    Excerpt: 『ゲド戦記』鑑賞レビュー♪ヽ(´・ω・`)ノ 命を大切に しないやつなんて 大っ嫌いDA!!!! by テルー 世界の均衡を崩す者の正体を つきとめる旅に出た大賢人.. Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! racked: 2006-07-31 18:26
  • ゲド戦記

    Excerpt: さて、ここで書いた、日曜日に観てきた映画というのが、この「ゲド戦記」。 Weblog: 欧風 racked: 2006-08-01 18:59
  • 『ゲド戦記』観ました

    Excerpt: ことばは沈黙に 光は闇に 生は死の中にこそ あるものなれ 飛翔せるタカの 虚空にこそ 輝ける如くに ―『エアの創造』― 原 作 : アーシュラ・K.ル=グウィン「ゲド戦記.. Weblog: cena emocional racked: 2006-08-01 23:35
  • 「ゲド戦記」

    Excerpt: 「ゲド戦記」、 アニメ作品として制作されたのですから、 もっと爽快に、スカッとさせて欲しかったな~というのが本音でした。 Weblog: しんのすけの イッツマイライフ racked: 2006-08-03 22:44
  • 『ゲド戦記』2006・7・30に観ました

    Excerpt: ?2006 二馬力・GNDHDDT 『ゲド戦記』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある日、西の果てに棲む竜が人間の住む東の海に現れ、同時に人間界にさまざまな災い起こるように.. Weblog: 映画と秋葉原とネット小遣いと日記 racked: 2006-08-03 23:40
  • 「ゲド戦記」見てきました

    Excerpt:  宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗初監督作品ゲド戦記を見てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2006-08-04 00:10
  • ゲド戦記

    Excerpt: 「ち、ちょっと・・・気分が・・・ゲド」ε=( ̄ω ̄υ) 「ハイタカ(吐いたか)?」Σ(゚Д゚;))) 私も普段は“なぎさ”という“通り名”を使っていますが、“真(まこと)の名”は .. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2006-08-04 14:10
  • 【劇場映画】 ゲド戦記

    Excerpt: ≪ストーリー≫ 竜が人間の住む世界に現れて共食いを始めるなど、異変が起こりはじめた多島海世界“アースシー”。異変の原因を探るべく旅に出た大賢者ゲドことハイタカは、その途中で父王を刺して国を飛び出して.. Weblog: ナマケモノの穴 racked: 2006-08-04 18:25
  • ゲド戦記

    Excerpt: 見終わった後、wikiで調べてみたところ、このゲド戦記(原題はEARTHSEA)は世界三大ファンタジーと言われているらしく、他の二つが指輪物語(Lord Of The Ring)とナルニア国物語。なる.. Weblog: バイヤーKENの全力疾走「商売日記」 racked: 2006-08-06 20:48
  • 私的考察 映画「ゲド戦記」

    Excerpt: スタジオジブリ発、宮崎駿監督の長男である宮崎吾朗氏の第1回監督作品「ゲド戦記 」観賞。 この映画は一幅の掛け軸のようだ。 .. Weblog: やまたくの音吐朗々Diary racked: 2006-08-07 05:13
  • ゲド戦記

    Excerpt: 評価:★4点(満点10点)   監督:宮崎吾朗 主演:岡田准一 手嶌葵 田中裕子 小林薫 夏川結衣 2006年 115min かつて人と竜はひとつだった。 世界の均衡(バラン.. Weblog: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) racked: 2006-08-07 20:55
  • ゲド戦記

    Excerpt:  前評判が芳しくない公開作品が目立つ中で、ひときわ酷評に晒されている本作も、観ようか観るまいか少し悩みました。  その結果は、それほどのこと Weblog: シネクリシェ racked: 2006-08-08 20:27
  • ゲド戦記

    Excerpt: ジブリが久々骨太の作品を映画化したので観にいきました。 とは言っても原作は未読。( ^ _ ^; しかしいきなり評判悪いですね、この作品。汗 でも観ないとわからん。というわけで映画館へ。 .. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2006-08-13 02:37
  • 真・映画日記『ゲド戦記』

    Excerpt: 8月12日(土) 10時に起きる。 10時半に近所の床屋に予約を入れていたので 急いで身支度をする。 予約の時間通りに床屋へ。 髪を指に挟んで少し出るくらいまで 短くしてもらう。 .. Weblog: CHEAP THRILL racked: 2006-08-13 13:56
  • ゲド戦記を観てきました。 ~わりと良作ですよこれ。~

    Excerpt:  ゲド戦記を観てきました。  簡潔に言えば、主人公とヒロインの話。より正確に言うと、「ヘタレな主人公をヒロインが更正させるお話」です。  原作モノの映画化で、大事なのは、「映画の中での完結.. Weblog: 日がな一日ラらラら日記 racked: 2006-08-15 00:01
  • 「ゲド戦記」

    Excerpt: ジブリ好きなので、今回の「ゲド戦記」はとても楽しみにしていました。…しかし前評判通り、正直あまり良い出来とは言えませんでした。まず話の前後がぽっかり抜けている為、主題が何なのかよく分からず疑問がたくさ.. Weblog: Tokyo Sea Side racked: 2006-08-19 00:28
  • ゲド戦記 06年165本目

    Excerpt: ゲド戦記 2006年   宮崎吾朗 監督   アーシュラ・K・ル=グウィン 原作岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、菅原文太 、風吹ジュン 原作ものですよね。人間と魔法使いと竜が存在するんですよね。.. Weblog: 猫姫じゃ racked: 2006-08-20 03:02
  • Tales From Earthsea

    Excerpt: 『ゲド戦記』 前評判を見る限りあまり期待しない方がいいのは分っていましたが、それでもなぜか期待してしまうのがスタジオジブリ。けれど今回ばかりはガッカリと言わざるを得ません。状況説明は全部セリフで言っ.. Weblog: Tokyo Bay Side racked: 2006-08-21 22:14
  • ゲド戦記

    Excerpt: 「ゲド戦記」に関する記事を書いたらトラックバックしてください。 トラックバックURL : http://ghibli-movie.jugem.jp/trackback/15 .. Weblog: ジブリトラックバック racked: 2006-09-17 13:51
  • ゲド戦記

    Excerpt: 夏休みに従妹と一緒に観てきました。 アニメ作品は今年初です。 監督  宮崎 吾朗 声  岡田 准一  手鷲 葵  菅原 文太  田中 裕子  香川 照之    風吹 ジュン.. Weblog: PLANET OF THE BLUE racked: 2006-09-26 23:35